主な症例一覧Case

整体・鍼灸・整体マッサージ 等で患者様の痛みやシビレ違和感を改善致します。小原治療院では下記以外の症例にも
対応が可能です。

首こり / ストレートネック / 肩こり / 四十肩・五十肩 / 腰痛・ぎっくり腰 / 膝痛 / 筋肉痛・関節痛 / 猫背・体の歪み / 神経痛・麻痺・痙攣 / つき指・捻挫・肉離れ / むち打ち / 交通事故後の悩み / リハビリ / 顎関節痛 / 顔面神経痛 / 坐骨神経痛 / 頭痛・偏頭痛 / 不安感・不眠 / めまい・耳鳴り / 眼精疲労・かすみ目 / 鼻炎・蓄膿 / 気管支炎・喘息 / 動悸・息切れ / 食欲不振・胃腸の悩み / アレルギー / ダイエット / ニキビ・肌荒れ / 顔のむくみ・小顔 / たるみ・しわ・くま / 便秘 / 骨盤矯正 / X脚・O脚 / 体や部位の冷え / 生理痛・生理不順 / 更年期の悩み / 貧血 / 不妊 / 産後の悩み / 虚弱体質

整体マッサージ

5つの特徴

01

お身体の状態に合わせて施術

しっかりとお身体のカウンセリングを行い、ひとりひとりお身体の状態に合わせて施術していきます。

02

身体全体を施術

部分的な施術では無く、身体全体を施術して全身の血流を良くしていきます。

03

凝り固まった筋肉をほぐします

指圧とあんまをお身体の状態によって使い分け、凝り固まった筋肉をほぐしていきます。

04

丁寧に説明しながら施術

骨格のゆがみがあるところは、施術前と施術後で違いがわかるように丁寧に説明しながら施術していきます。

05

身体以外のご相談

施術しながら、お身体以外のご相談やプチカウンセリングも承ります。

このような方にオススメ

  • どこに行っても、症状が変わらない。
  • ストレートネックと言われた事があり、肩こりや頭痛がひどい。
  • 猫背などお身体のゆがみが気になる。
  • 目が疲れやすく頭痛がでる。
  • しっかりと効果の出る鍼灸院を探している。
  • 産前産後の身体のケアをしてほしい。
  • 妊活や不妊治療中なので、妊娠しやすくなるようサポートしてほしい。
  • 一時的な効果の施術ではなく、根本的な症状の改善をしたい。
  • お身体を全体的に施術してほしい。
  • 年齢やストレスからと言われて諦めている。

鍼灸

5つの特徴

01

鍼灸治療

鍼灸治療は、整体やマッサージの表面的な施術と違い、ハリがお身体の深いところのコリ(深層筋・インナーマッスル)まで届くため、治療効果が高いといわれています。
鍼灸治療では、皮膚・筋肉・内蔵・ツボに施術することにより、『自然治癒力』を高め、筋肉疲労・血液の循環・内臓疲労・免疫力など、本来の正常な状態に戻すよう働きかけます。

02

トリガーポイント療法

トリガーポイントとは、お身体の疲労や血行不良などで、筋肉や筋肉を包んでいる筋膜に固い塊(硬結)ができる状態をいいます。
トリガーポイントには、2種類あり、トリガーポイントに関連する他の部位に痛みが出るものと、トリガーポイント自体が痛みを出すものがあります。これを「責任トリガーポイント」といいます。
トリガーポイント療法とは、この固い塊(硬結)が「引き金」となって、痛みやしびれが出ているため、このトリガーポイントに鍼灸治療をすることで、血流を促し痛みの原因となる固い塊を取り除いていきます。

03

鍼通電療法(パルス療法)

鍼通電療法とは、お身体に刺したハリを電極として、低周波を通電する鍼治療をいいます。
電流は、とても微弱(1~5mA)で、痛みもなく、通電中は眠ってしまう方もおります。
主に手足のしびれや痛みの強い症状(ぎっくり腰など)に効果的です。
筋肉パルス・神経パルス・反応点パルスなど、その方の症状によって施術していきます。

03

温熱療法

当院の温熱療法は、主にお灸治療と湿性ホットパックで温めながらの施術になります。
お灸は「もぐさ」をツボにのせて火をつけ、熱で刺激をする治療法です。冷えや自律神経症状に対して効果が高いとされています。
「もぐさ」に含まれるチネオールという芳香成分には殺菌・鎮静・鎮痛効果があり、お灸をすることで痛みを和らげたり、香りをかぐことでリラックスし、自律神経も整います。
冷えでお困りの方、身体が弱っている方、生理痛のひどい方、よく眠れない方、風邪の引きはじめの方などに特にお勧めです。

03

眼窩鍼療法

眼窩鍼療法の眼窩とは、眼球とその周りの骨のくぼんだ部分(まぶたのくぼみ)をいいます。
その眼窩にハリを刺して、眼球を動かす筋肉に刺激を与えます。
一見とても怖そうな施術ですが、「極度の眼精疲労」や様々な眼の疾患に効果があるとされております。

  • 上記の施術方法を、患者様の症状やご要望に合わせて施術していきます。

どのような症状に効果があるの?

筋肉・神経症状 頭痛、眼精疲労、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、ストレートネック、寝違い、むち打ち症、五十肩、膝痛、腱鞘炎、しびれ、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、背中の痛み、テニス肘、ゴルフ肘、スポーツ障害など
内蔵疲労 冷え症、便秘、胃痛、胃下垂、過敏性腸症候群、二日酔いなど
婦人科症状 生理痛、更年期障害、不妊症など
自律神経症状 うつ、パニック障害、神経症など

使用する針の長さや太さは?

当院で使用するハリは、使い捨てのハリとハリ皿(ハリを置く皿)を使用しております。
ハリの長さは4~5cm、太さは0.14~0.18mmのハリを主に使用しております。
お身体の部位や状態により、長さや太さを使い分けながら施術していきます。
ちなみに、お裁縫などのまち針の太さは約0.5mm、一般的な注射針の太さは約0.4mmですので、鍼灸のハリはとても細いことがわかります。

このような方にオススメ

  • 病院や整骨院・整体院に行っても、あまり変わらない方
  • 辛い症状を抱えるが、原因が不明で良い治療法が見つからない
  • 一時的な効果の施術ではなく、根本的な症状の改善がしたい
  • 即効性のある施術を求めている
  • 部分的な施術ではなく、身体をトータル的に施術してほしい

美容鍼

たった1度の施術で、
驚きのリフトアップ効果!
約8割のお客様が、
お顔の変化を感じています。

お客様のご希望やお悩みは、お一人お一人違います。
年齢を重ねるごとにホルモンバランスの変化や食生活などによって体質は変化していきます。
お顔のお悩みも、「顔のたるみを解消したい」「ほうれい線を薄くしたい」「目の下のクマを取りたい」など、お客様によってご希望は様々です。

当院では、お客様のお悩みをしっかりと
カウンセリングをしてから
施術を行っていきます。

使用するハリは、美容鍼灸専用の使い捨てのハリで、太さは鍼灸業界で最も細い0.1mmのハリを使用しており、痛みはほとんどありません。
途中で眠ってしまう方もおられるほど!
美容鍼灸は、1度の施術でハリを30~50本使用するため、治療目的の鍼灸よりも料金が少しお高めになっております。

このような方にオススメ

  • お顔のたるみが気になる方
  • ほうれい線が気になる方
  • 眉間のしわが気になる方
  • 目の下のクマが気になる方
  • 肌質を改善したい方
  • 眼精疲労も解消したい方

子宝体質改善

子宝体質改善コースとは?

子宝体質改善コースでは、整体と鍼灸、リラクゼーションマッサージを組み合わせることで、自己治癒力を高め骨盤内の血流の流れを良くしていきます。
そうすることで、子宮・卵巣・卵子の機能が改善し妊娠しやすい身体になり、妊娠率の向上が期待されると考えております。
鍼灸や整体では、子宮や卵巣など部分的にアプローチするのではなく、お身体を全体的に施術することで、本来身体が持っている自然治癒力を引き出し「体質改善」することが目的です。
体質改善することで自己治癒力を高め妊娠しやすい体につながります。
そのため、タイミング法・人工授精・体外受精、どのステップでも自然治癒力を高める体づくりは、同じですが、そのうえで治療周期や症状に合わせた治療を行っていきます。

01

妊娠しやすい鍼灸治療

妊娠しやすいお身体への鍼灸治療。

01

骨盤調整やマッサージ施術

整体による骨盤調整や身体がリラックスできるマッサージ施術。

01

不安やストレスのケア

心理カウンセラーが行う、不安やストレスのケア。

ストレートネック

ストレートネックとは?

ストレートネックは、病名ではありません。首の骨(頸椎)が本来持っている曲がり(生理的湾曲)がなくなっている状態のことをいいます。
湾曲がなくなることで、重い頭を支えている首や肩の筋肉に過剰に負担がかかり首の痛みや肩こり、頭痛や手のしびれなどの症状を起こすことがあります。

こんな症状ありませんか?

  • 首や肩のコリ
  • 頭痛や手のしびれ
  • フワフワした横揺れのめまい
  • 空など上を見上げると首が痛い
  • 普段から猫背になっている
  • PCやスマホを見た後首が痛い

主な原因

  • 猫背などの姿勢の悪さ
  • 長い時間のデスクワーク
  • PCやスマホを長時間見ること
  • 年齢による椎間板の変性
  • 交通事故などのむち打ち症によるもの

などが主な原因となることが多いです。

当院での施術

最近では、スマートフォンの普及により、ストレートネックの状態の方が増えています。
当院では、頭の重さにより負担になっている首の前面・側面・後面の筋緊張をやわらげ、肩が前方に入る巻き肩や猫背の調整を行います。
胸の筋肉の収縮や背中の筋力の低下もあるため、状態を見ながらパーソナルトレーニングも取り入れながら改善を目指します。

肩こり

肩こりとは?

悪い姿勢や筋肉の緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。
明確な診断基準などは無く自覚症状のことを指します。

こんな症状ありませんか?

  • 肩に違和感があるため、仕事に集中できない
  • 少し重い荷物を持つと、肩が痛い(重い)
  • つい自分で肩を揉んでいる
  • 軽く体を動かすと、症状が楽になる
  • お風呂に入って、体が温まると症状が楽になる
  • 目が疲れやすい
  • 朝、起きると肩が凝っている

主な原因

  • 長い時間同じ姿勢をしている
  • お買い物や通勤などで、重い荷物を持つ事が多い
  • PCやスマートフォンなどで下の方を向くことが多い
  • 気がついたら、姿勢が猫背になっている
  • 寝ている時、よく歯ぎしりをする
  • 将来への不安やストレスが多い

などが主な原因となることが多いです。

肩への負担が大きい部位は、頭と腕です。頭の重さは、約5kg~7kgと言われており、前屈みの姿勢など頭が体の重心からズレると、首や肩にかなり負担がかかり、首こりや肩こりの原因になります。
特にデスクワークやスマートフォンの操作では、頭を前方に出し下を向いている時間が長くなり、頭の重さを支えている首や肩の負担が増大します。
またストレートネックや肩甲骨の可動域に制限がある方は、肩こりや首こりを起こしやすいと言われています。

当院での施術

当院の肩こり治療では、症状を軽減される方がかなり多くいらしゃいます。
押せば気持ちが良い施術だけではなく、症状の原因となる筋肉・骨格を問診・触診・理学検査にて特定しながら施術をしていきます。
首の付け根や肩甲骨の内側などは、筋肉が層になっています。その中でも、特に首の付け根の深層筋や首の前側の筋肉、肩甲骨内側と外側の筋肉が原因となることが多いです。
まずは、しっかりと原因を特定し、その方の治療経験を配慮したうえで、治療方針を決めていきます。
手技でしっかりと筋肉を緩めていくこと事、手技では届かない深層筋や重度の方には、ハリ治療やハリ通電療法(パルス治療)で筋肉をゆるませ、首や肩の可動域を改善することで効果を発揮します。

腰痛

腰痛とは?

運動時や安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称と定義されていて、原因は様々あります。
原因が特定できるのが15%といわれ、その代表的なものが、腰椎椎間板ヘルニア・腰椎脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰部圧迫骨折などがあります。その他にも内臓疾患(ガン・細菌感染など)からくる腰痛もあります。
残りの85%は、はっきりとした原因がわかっていないと言われています。
腰の筋肉は、重層構造になっており、筋肉が重なり合って層になっております。各筋肉がそれぞれの役割で機能しており、姿勢を保持しています。

こんな症状ありませんか?

  • 長い時間座っているのがつらい
  • 立っているのがつらい
  • 椅子から立ち上がる時に痛みが出る
  • 重い物を持ち上げた瞬間に痛みが走った
  • 横になっても腰が痛い
  • 足がしびれている
  • 月経前後につらくなる

主な原因

  • 骨盤や背骨の歪み
  • 腹筋・背筋の筋力バランスが崩れている
  • ヒールの高い靴を履くことが多い
  • 産前産後の骨盤の開き
  • 食べ過ぎや体重の増加
  • ゴルフのような片方に腰を捻ることが多い

などが主な原因となることが多いです。

当院での施術

腰という字は、「肉月」に「要」と書くように、身体の中でも重要な部分になります。
当院では、ぎっくり腰のような急性腰痛症は、炎症を起こしているため、主にハリ施術で炎症を抑えてから骨格の調整をしていきます。
炎症が収まると8割ぐらい楽になります。
慢性の腰痛症は、指圧や鍼灸で筋肉をほぐし、腰椎・骨盤・股関節の骨格調整を行ないます。状態を見ながらストレッチやパーソナルトレーニングを行い、根本から痛みの改善を行ないます。
腰の筋肉は、重なり合っている重層筋のため、深層筋には鍼灸治療も効果的です。

頭痛

頭痛とは?

ひとくちに頭痛といっても、いくつかの種類があるます。
頭痛は、痛みの起こり方によって、大きく3つに大別できます。
「日常的に起こる頭痛」とは、風邪や二日酔いなどが原因の頭痛で原因が解消されれば自然に治る頭痛をいいます。
「脳の病気に伴う頭痛」(危険な頭痛)とは、くも膜下出血や脳出血など他の病気が原因で起こる頭痛をいいます。
急激に激しい痛みがあらわれることが多く、生命にかかわることもあるので注意が必要です。
「慢性頭痛」とは、原因となる他の病気がなく、繰り返し起こる頭痛で、いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、頭痛全体の約80%はこのタイプと言われています。
慢性頭痛は、大きく「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。
当院では、この慢性頭痛の中の「緊張型頭痛・片頭痛」が施術の対象となります。

こんな症状ありませんか?

  • 頭が重くて集中出来ない
  • PCやスマートフォンを見ていたら頭痛がしてきた
  • 頭痛と一緒に目の奥も痛い
  • 頭を締めつけるような頭痛がする
  • 季節の変わり目などに頭痛がする
  • コメカミや側頭部がズキズキして、ドクドクと拍動している
  • 女性では、月経周期に合わせて頭痛がする

主な原因

  • デスクワークやスマートフォンによる首・肩の筋肉疲労
  • 姿勢が悪いため、首や背中の筋肉疲労
  • 眼精疲労
  • ストレスや不安による自律神経失調症
  • 季節や気圧の変化
  • 月経前後のホルモンバランスの乱れ

などが主な原因となることが多いです。

当院での施術

当院では、問診や触診により、頭痛の種類を見極めてから施術を行います。
「緊張型頭痛」では、首や肩の筋肉の緊張によるものが多いため、原因となる筋肉への指圧や鍼灸による施術と骨格の歪みを調整する整体を行なっていきます。
「片頭痛」では、大きな音や眩しい光でも痛みが増強するため、当店の完全個室をいかして調整が可能です。頭への血流量が増加しても痛むため、首元を冷やしながらのハリ施術になります。
緊張型頭痛・片頭痛は、出来るだけリラックスをして施術が受けられるよう心がけております。

眼精疲労

眼精疲労とは?

目を使う作業(PCやスマホ、読書など)を長時間続けることにより、目の症状(眼痛・目のかすみ・眩しさ・充血)や頭痛・肩こり・吐き気などの症状が現れます。
休息や睡眠を取っても十分に回復しない状態をいいます。

こんな症状ありませんか?

  • 目の奥が痛い
  • 目が充血している
  • しっかり寝ても体が疲れている
  • PCやスマホを見ると吐き気がする
  • まぶたがピクピク痙攣する
  • 首や肩が凝っている
  • ストレスが多い

主な原因

  • メガネやコンタクトレンズが合っていない。(近視・乱視・老眼など)
  • ドライアイで目が乾く
  • 緑内障や白内障などの目の疾患がある
  • PCやスマホ、薄暗いところでの読書など
  • 花粉や化学物質によるもの
  • ストレスや不安、自律神経失調症によるもの

などが主な原因となることが多いです。
原因は、一つではなく複数重なることが多いです。

当院での施術

眼精疲労の方は、ほぼ原因を自覚されている方がほとんどなので、頭痛・首こり・肩こりと一緒に感じている方が多いです。
当院では、首や肩の筋緊張をやわらげ、目の血流改善のためホットパックを目の上に乗せて温めます。
目の周囲には、目の疲れを取るツボも多いため、頭や目の周囲の鍼灸治療も効果的です。
ただ眼精疲労時の目の周囲は、毛細血管が弱くなっているため、鍼灸治療での内出血のリスクが高くなるので、細心の注意を払って行います。